パーマをかけている人は白髪染めは避けるべき?

カラー その他白髪染め
スポンサーリンク

髪のオシャレにはパーマが欠かせないという方も多いですよね。

ですがパーマをかけている方は白髪染めに注意する必要があります。

特にパーマは髪や頭皮にダメージを与えるため、頭皮環境も髪の状態も悪化する場合があります。

そのうえ白髪染めまでしてしまうと、さらに髪も頭皮もダメージを受けてしまうため、ボロボロの状態になる可能性があります。

パーマや白髪染めの後に、必ずトリートメントを行うという方もいますが、頭皮には何もしていない状態なので、髪の健康を維持することは難しくなります。

また頭皮環境が悪化してしまうとさらに白髪が増えたり、抜け毛が増え薄毛になってしまう場合もあります。

パーマに加えて白髪染めを行うと、二重で頭皮や髪を傷めてしまうことになるのです。

できればパーマをかけているならば、白髪染めは回避した方が良いでしょう。

頭皮環境だけではなく髪の毛を守ることにもつながります。

どうしても白髪染めも行いたいという方も、パーマをかけていてもそれ以上に、刺激が加わらないような白髪染めを選びましょう。

どちらもオシャレには欠かせないものですが、頭皮や髪のこと、そして将来のことも考えて、パーマと白髪染めのダブル攻撃は避けるようにしましょう。

パーマと相性の良い白髪染め

パーマ

パーマをかけている方が白髪染めを行うと、頭皮や髪に深刻なダメージを与えてしまいます。

同時に行うこともなく間隔をあけているから大丈夫ということもありません。

ですがパーマも白髪染めも欠かせないという方も多いでしょう。

そういう時はパーマと相性の良い白髪染めに変えましょう。

通常の白髪染めは薬液を使用して白髪に色を入れていくのですが、すぐに染めるメリット以上にダメージが大きいというデメリットもあります。

頭皮や髪も傷みやすくなるため、2剤式など一般的な白髪染めはパーマとの相性はあまりよくありません。

一般的な白髪染めがダメなら、白髪染めトリートメントを使用してみましょう。

トリートメントタイプなら、頭皮も髪も傷めることなく白髪を自然に染めてくれるため、パーマとの相性も悪くありません。

またパーマで傷んだ髪も白髪染めトリートメントなら、染めるだけではなく髪の毛の修復効果も期待することができますよね。

ただパーマ直後は髪の色が変化してしまったり、パーマがとれてしまう可能性もあるので、1週間ほど期間を置いてから白髪染めトリートメントを使用するようにしましょう。

パーマと使用できる白髪染めトリートメントなら、髪や頭皮を守りながら健康な髪も育てられます。

両方行っている方も、一度見直してこの機会に白髪染めトリートメントに変えてみましょう。

コメント