髪を染めると赤くなってしまう!その原因と解消法

赤 その他白髪染め
スポンサーリンク

昔から外国人風のアッシュがかった茶色い髪にあこがれていた私は、真っ黒な髪を常に茶色く染めていました。

最初は美容室で見本のカラーを見て色を決定していましたが、何度染めてもその色にならないのです!

美容室を変えてみても変わらないので、今度は自分でヘアカラーを購入して染めるようになりました。

面倒ではありますが、安く済むことと自分の空いた時間で染めることができる点は、とても気に入っていました。

しかし、やっぱり仕上がりは思い描いていた色ではないのです。

元々、太くて黒い髪なのでそれが原因なのでしょうか?

どんな色を選んでも赤茶色になってしまうのです!

最初はそれなりに黄色味がかっていても、色があせてくるとやっぱり赤・・・

なぜ、赤に染めたつもりはないのに、そうなってしまうのか疑問ですが、きっと自分の元の髪が原因だと思うのです。

最近は、白髪が増えてきてので白髪染めを使うようになりましたが、それでもやっぱり赤!

ふんわりした外国人風の髪の色になるのは無理なのでしょうか?

自分なりに人の髪を観察してみたところ、やはり色素が薄い感じの人は、私が理想とする色の髪色に染めることができています。

全く赤みのないアッシュ系の茶色。

何とか実現したいと思い、色々調べてみることにしました。

赤くなる原因

髪を染めると赤くなってしまうには、日本人に多い現象のようです。

特にメラニン色素が多い真っ黒で太い髪の人に多いようです。

私たちの黒髪には黒い色素ではなく赤い色素が多く含まれており、それが残りやすいために赤くなってしまいます。

白髪染めやヘアカラーは一剤と二剤に分かれていますよね?

最近は最初から混ざったものも多くなりましたが、内容は同じで一剤で脱色し二剤で色を入れる。

これによって黒髪の色を抜いたとことに色が入るようになっているのです。

しかし、黒髪の場合は赤みが強いために脱色時に赤が残りやすく、その上に色を入れても赤く見えてしまうのです。

また、白髪染めは茶色が多いですよね?

この茶色には赤の色素が多く含まれており、最初はきれいな茶色に染まっても、時間の経過によって色があせた時に赤みが残ってしまいます。

これが髪を染めても赤みが出てしまう原因なのです!

この事実を知ってしまうと、今まで私がやってみたカラーで赤みが出てしまうのは当然だと納得できます。

しかし、原因を知ることで赤みを残さず、きれいに染める方法が見つかるのではないでしょうか?

赤みを残さない染め方

髪

それでは、赤みを残さずにきれいに染めるには、どうしたら良いのでしょうか?

一番大事なのは、しっかり色を抜くことです!

ブリーチで色を抜くことでメラニン色素が破壊され、どんな色でも思い通りに発色させることが可能になります。

ブリーチで色を抜くなんて聞いただけで髪が傷みそうですが、白髪染めやヘアカラーを何度もやるよりは良いのかもしれませんね。

思い通りの色にならないと、どうしても頻繁に染めたくなりますからね!

ブリーチをした髪に、赤が残りにくいアッシュや黄色みがかった茶色を入れると、外国人風のふんわりした髪色を手に入れることができます。

やっとただりついたこの方法で、私の長年の悩みが解決しそうです!

コメント