食べ物で髪が変わるのは本当?白髪、抜け毛も予防できる!

ワカメ その他白髪染め
スポンサーリンク

前日、コラーゲンたっぷりの鍋を食べたから肌がプリプリという話をよく耳にします。

食べたものによって肌や体の調子が変化するのはあり得ることですが、髪の毛や頭皮はどうでしょう?

もし、毎日に食べ物によって髪がきれいになったり、白髪や抜け毛が予防できるのであれば、是非知っておきたいものです。

昔から髪に良い食べ物として知られているのが、ワカメをはじめとした海藻類です。

海藻にはミネラルが豊富に含まれているので、健康的な髪を作る為には欠かすことのできない成分と言えます。

しかし、ワカメを食べると髪が増える!というのはやはり迷信で、薄くなった髪が増えるとか濃くなるということはないようです。

頭皮環境が整うことで、細くなってきた髪を健康的に改善することは可能なのかもしれません。

白髪や抜け毛は老化現象の一つです。

もちろん若い人でもあり得る症状ですが、食べ物や生活習慣を改善することで今よりは良くなることは大いにあり得るのです。

髪と頭皮の健康に良い食べ物を調べてみると、やはりたんぱく質、ミネラル、ビタミン類などです。

なかでも、最近注目されているのが亜鉛です。

亜鉛は牡蠣に多く含まれる成分ですが、毎日十分に摂取するのは難しいはずです。

ですから、サプリメントを上手に利用してみるのも一つの手ではないでしょうか。

NG食べ物

チゲ鍋

髪と頭皮に良い食べ物や成分を紹介しましたが、実はNGな食べ物もあるのです。

それは、揚げ物、脂、甘い物などです。

魅力的な食べ物ばかりな気がしますが、揚げ物や脂をたくさん食べてしまうと、どうしても皮脂が多く分泌し毛穴を詰まらせてしまいます。

頭皮のベタつきが抜け毛の原因になることは言うまでもありませんが、毛穴が詰まることで毛根まで十分な栄養が行き届かず白髪の原因になってしまいます。

ですから、体のを冷やすもの、血行を悪くするもの、脂や糖分が多いものは摂り過ぎないようにしましょう!

髪や頭皮だけではなく、体の健康にも良いはずです。

また、激辛なものは髪や頭皮に良いのか?それともNG食品なのか気になりますよね?

個人的には血行が良くなるので、頭皮の血液のめぐりが良くなり毛根に十分な栄養が行き届く気がしますが、実際はどうなのでしょう?

気になって調べてみると、やはり両方の意見がありました。

まとめてみると、やはり過剰摂取はNG、少量なら良い!という意見が多いようです。

なぜ、過剰摂取がNGなのか?

辛い物をたくさん食べると汗が滝のように出ますよね。

しれによって頭皮の毛穴が詰まると言うのです!

そこまで汗をかくかは人によって違うような気がしますが・・・

そして、辛い物の多くは塩分が多く含まれているそうです。

確かに、キムチ、カレー、チゲ鍋・・・

食べ過ぎると塩分を摂取しすぎて体良くありませんよね?

それによって頭皮環境も悪化し白髪や抜け毛が進んでしまうのです。

このように、何気なく食べているものの中には、頭皮環境の悪化につながるものがたくさんります。

しっかり、考えて自分の将来のためになる食品選びをしたいものですね。

コメント