ヘナ白髪染めとは?100均にもあるけど本当に染まるのか?

白髪染め その他白髪染め
スポンサーリンク

ヘナ白髪染め、って知っていますか?

美容院のメニューを見ていると、「ヘナ」や「ヘナ白髪染め」というのを見かけたことがある人もいるかも知れません。

ヘナ白髪染めとは、天然植物染料のカラーリングのことをいいます。

人工的なカラーリング染料に比べて、ヘナ白髪染めは髪の毛に優しく、ダメージを最小限で染めることができるでしょう。

天然成分で染めるので安心できる、という方も多いのではないでしょうか。

確かにヘナ白髪染めは、カラーリング剤よりも安全に染めることができます。

しかしヘナ白髪染めは通常のカラーリングよりも癖が強いため、その特質を良く理解し、メリットとデメリットを知ったうえで使用した方が良いでしょう。

Naiad(ナイアード)  ヘナ 木藍(モクラン)400g
Naiad(ナイアード) (2004-08-04)
売り上げランキング: 2,255

髪の毛に優しい、ダメージを与えにくいという点だけを見て使うと、効果ををしてしまう可能性があります。

ヘナ白髪染めは美容室だけではなく、市販されている場合もあります。

もともと安い値段で染められるヘナ白髪染めですが、市販されている物を使えばより安い金額で染めることができるでしょう。

しかしヘナ白髪染めは難しく、素人が初めて染めると思うように染めることができない場合があります。

ヘナ白髪染めを使うときは、事前に調べてから使って下さい。

 

ヘナの弱点 P1

ヘナ白髪染めを初めて使った人は、驚くかもしれません。

なぜなら初めてヘナ白髪染めを使うと、白髪がオレンジ色に染まるからです。

オレンジ、といっても赤茶になる場合も、赤黒くなる場合もあるでしょう。

ヘナ白髪染めの色には個人差があります。

通常、ヘナ白髪染めを初めて行うと髪の毛はオレンジ色になるのが一般的だといわれています。

なぜならヘアにはオレンジや赤色の色素が含まれているからです。

白髪にヘナを乗せれば、当然オレンジや赤となるでしょう。

しかし、何度か重ねていくことで、オレンジ色がどんどんと濃くなり、自然な髪色になるといわれています。

つまり、ヘナ白髪染めは一度だけでは十分に染めることができないのです。

オレンジ色や赤茶色がお洒落だと思う人もいるかも知れませんが、気軽に白髪染めを使いたい人にとってはデメリットにしかなりませんよね。

ヘナ白髪染めをしてオレンジ色になるということは、メリットにも繋がります。

いかにも黒染めをした不自然な黒色ではなくあくまで自然な色合いとなる。
自分で好きな回数染めることができるので、自分好みの色あいに調節をできるという点です。

しかし気軽に染めたいという人には、ヘナ白髪染めは向いていないのかも知れません。

 

ヘナの弱点 P2

前述の通り、ヘナ白髪染めは一度では染めることはできません。

また、ヘナ白髪染めは、長時間液剤をつけていればそれだけ色濃く染めることができるでしょう。

一般的に、ヘナ白髪染めには4時間ほどかかるといわれています。

通常のカラーリング剤の場合は、10分から15分程塗ったら洗い流すのが主流です。

しかしヘナ白髪染めは色を付けるためには最低30分程液剤をつけなければいけないのです。

30分程液剤を付けて洗い流し、もし色味が足りなければさらに液剤を付けてまた放置をする事となるでしょう。

また、ヘナ白髪染めのメリットとして、染めることで色だけではなく髪の毛に艶をもたらすことができるといわれています。

しかし、ヘナで艶を出す為には4時間ほど塗る必要があるといわれています。
長時間塗ることで、トリートメント効果をもたらし髪の毛にツヤが生まれるのでしょう。

いくら髪の毛が艶々になるからといって、4時間も放置をすることは大変でしょう。

髪の毛に優しい植物染料とはいえ、それだけ長時間塗り続けるのは不安ですよね。

ヘナの中には、通常のカラーリング同様10分15分程度で染めることができる商品も販売しています。

しかし短時間で染めることができるヘナ白髪染めは、化学染料が配合されていることがほどんどなので、ヘナの効果を実感することはできないでしょう。

時間短縮をしたいからといって、短時間で染めることができるヘナ白髪染めを使用することはおすすめできません。

また、ヘアは通常赤やオレンジ色に染める染料ですが、ブラック等のダークカラーに染められるヘナ白髪染めも販売しています。

しかしこれもヘナ白髪染めではありません。
化学染料が含まれているので、髪の毛には優しくないでしょう。

人によっては被れたり、髪の毛が傷んだりする可能性があります。

そして、ヘナ白髪染めで気を付けたいのが香りです。

ヘナ白髪染めを使うと、染めた香りが長時間漂う事となってしまいます。

草木の香りではありますが、2,3日は残ってしまうでしょう。
そのため次の日が仕事の場合はヘナ白髪染めをすることはオススメしません。

この様に、ヘナ白髪染めにはたくさんの弱点があります。

時間をかけても良いから自然に、髪の毛を痛めず染めたいという方には良いかも知れませんが、ヘナ白髪染めは使い勝手が悪くなかなかおすすめをすることはできないでしょう。

髪の毛を痛めない白髪染めは、ヘナの他にもたくさんあります。

コメント

  1. […] こちらもどうぞ=ヘナ白髪染めとは?100均にもあるけど本当に染まるのか? […]