結局白髪は何色に染めると目立たないの?

黒髪 その他白髪染め
スポンサーリンク

この前白髪を染めたはずなのに、すぐに目立ってしまう悩みをお持ちの方が多いようです。

白髪染め

美容室でもセルフでも、染めた後1週間程度はきれいな色が持続しますが、2.3週間後には根元だけではなく白髪自体が違う色に見えてしまいます。

真っ白ではなくても、そこだけが違う色やキラキラ光ってしまうため、いかにも白髪を染めています!と言った感じがします。

CMでも「白髪がキラキラしない」という言葉がある通り、染めた後にこのような状態になるのは珍しいことではないようです。

原因はもとに色が違うため、同じ色を入れたとしても色落ちと同時に違いがはっきりしてしまうからです。

一般的な白髪染めは永久染色剤と言いますが、実際はそれほど強力に色が入り二度と抜けないわけではないと思います。

本当に永久であれば伸びてきた根元以外は、染めたままの色をキープできるはずなのです。

元が白と黒では染色剤が徐々に落ちることで色の差がはっきりするのは当然で、どうしても数週間でこのような状態になってしまうようです。

それでは、このように色の差が出ないためには、何色に染めるのが一番効果的でしょうか?

答えは黒か濃い茶色です。

素人の考えでは、白髪に近い明るめの色に染めることで、色の差をできるだけ少なくすれば目立たないと思ってしまいます。

しかし、実際は白髪には明るい色が入りにくく逆に目立ってしまう可能性が高いのです。

腕の良い美容師さんは熟知しているため、研究を重ねて明るい色でも上手に染めることができるそうですが、一般的には白髪には濃い色を染めるのが良いそうです。

白髪染めをしている人におすすめのシャンプーはこちら→https://www.hair-color.click/products/155/

 

若い女性にも人気のアッシュ

アッシュ

若い女性に間で人気なのがアッシュです。

アッシュは一見黒っぽく見えますが、黒よりはも軽く見えスタイリッシュなイメージがあります。

真っ黒にしたくない人や、傷んだ髪が赤くなってしまった人におすすめの色です。

最近は、真っ白の髪をアッシュに染めるダンディーな中年男性も増え、今まで隠すことが一般的だった白髪をおしゃれに変身させるカラーになっています。

アッシュは、白髪との相性が良く色が少し抜けてもあまり目立たないようです。

黒髪よりも白髪が増えた、ほとんど白髪になってしまった場合にはアッシュに染めることで、人とは違ったおしゃれが楽しめるはずです。

真っ黒は老けて見える

白髪をできるだけ目立たなくするためには、真っ黒に染めるのが一番です。

しかし、黒髪はどうしても重く見え、染めた場合は特に人工的な色に見えてしまうことがあります。

歳の割にやけに髪が黒々している人を見ると、すぐに白髪染めを使ってると分かりますよね?

不自然なくらいに黒い髪は、若い女性の黒髪とは違い逆に老けて見える原因になっています。

元々黒髪の人でも、染めたような黒の人はあまりいません。

少し茶色く見えるのが一般的で自然な色なので、少しでも若く、そして染めていることがばれないようにするためには、濃い茶色がおすすめです。

黒髪に茶色を入れても明るい髪色にはなりませんが、白髪にその色が入ることで周りの髪になじみやすくなるのです。

白髪染めトリートメントは、この濃い茶色が得意です。

入浴時にさっと使えてしかも白髪が浮かない傷まないのですから、これ以上のものはありません。

年齢と共に頭皮環境が悪化し、抜け毛や薄毛が進行する人がほとんどです。

その原因になる白髪染めは早いうちから頭皮と髪に優しいトリートメントタイプを使うことをおすすめします。

コメント