明るい色に白髪染めするにはどうすればいいの

明るい白髪染め その他白髪染め
スポンサーリンク

白髪染めは色のバリエーションが少ないのが難点ですよね・・ほとんどが黒か濃いめの茶色で明るい色が少ない商品が多いようですが、最近のヘアカラーは白髪染めをしながら髪色を明るくできる商品が増えているので、以前よりもお洒落を楽しめるようになりました。

しかし、このヘアカラーは元の髪の色を抜いてからそこに好みの色を入れるので、髪の傷みが気になるため頻繁に使用するのは頭皮や髪の健康を考えると避けたいことなのです!

明るい色の白髪染め

健康な髪は一か月で一センチほど伸びると言われていているので、一か月後には根元の白髪がかなり目立ってしまうと言うことになります・・

黒髪ならば一センチ伸びたところでそれほど気になりませんが、白はかなり目立つのでできれば二週間に一度は白髪染めをしたいものです。

そのようなことを考えると、ヘアカラーだけで白髪染めと明るいカラー両方を行うのは無理があり、二、三ヶ月に一度のヘアカラーと目立ってきた部分だけに部分染め専用かヘアマニュキュアを使う方法が一番髪を傷めずにきれいな髪色をキープできる方法ではないでしょうか?

白髪があるだけでかなり老けて見えるため出来るだけ染めて目立たなくしたいものですね!年齢的な抜け毛や髪の衰えもあるのでできるだけ健康な髪をキープ出来る方法を見つけましょう!

こちらも御覧ください=https://www.hair-color.click/about/76/

白髪はなぜ明るく染められないの?

白髪染めをすると暗い色になってしまうという方も多いですよね。

特に自宅の白髪染めでは明るくできないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

普通のカラーリングは黒髪を染めるための薬剤を使用しますが、白髪染めの場合には白髪にしっかり色が入るようにすることと他の黒髪と色のバランスが取れるようにする薬剤を使用しています。

そのため白髪だけが浮いてしまわないように比較的濃い色になってしまうことが多いのです。

全体的に明るい色にしたいのであれば、他の黒髪の部分もブリーチなどで色を抜くと良いでしょう。

そうすれば明るい色でも白髪だけが目立って明るくなってしまうこともなく全体的に明るく染めることもできます。

ただその場合には自宅では難しいので、できるだけ美容院で染めてもらうと良いですね。

美容院なら明るくするための技術や設備も整っているので、自宅よりも綺麗に染めてもらうことができます。

ただブリーチ等は頭皮や髪を傷めてしまうので、行う際には注意も必要ですしその後もケアは続けましょう。

白髪染めでの色の明るさなどは難しいかもしれませんがハイライトなどの技術もあるので、そういった部分亭な色の明るさでカバーすることもできます。

今では白髪染めの技術も美容院へ行けば様々です。

まずは自分の要望を伝えどこまでできるか相談し納得いく白髪染めをしましょう。

コメント