白髪染めでアレルギーだ出る場合の対応と予防策

白髪染めアレルギー その他白髪染め
おすすめ白髪染めトリートメント

白髪染めには「パッチテストをしてから使用して下さい」との記載がある商品が多いでしょう。

これは、白髪染めを使うことによって起こるアレルギー症状を防ぐためにあります。

実は、白髪染めを使うことによりアレルギーが発症する可能性があるのです。

白髪染めによるアレルギー症状は人によって違います。
多いのが、痒み、かぶれ、炎症や乾燥ではないでしょうか。

白髪染めでアレルギー

他にも、アレルギーが発症する白髪染めを使ったえいで、頭痛、肩こり、頭皮のちりちり感や吹き出物などが起こる可能性があります。

普段から白髪染めを使っている人は、まさか自分が白髪染めアレルギーになるなんてとは思わないでしょう。

しかし、白髪染めによるアレルギー症状はいきなり発症する可能性があるのです。

これは、花粉症でも同じことがいえます。
花粉症は、去年までは全く問題がなかったのに急に発祥する人も多い症状です。

人にはそれぞれアレルギーを蓄えるバケツのようなものがあり、そのバケツがいっぱいになるとアレルギーとして症状が現れます。

そのため、白髪染めを使えば使うほど、どんどん体内にアレルギーが蓄積され、アレルギーが発症しやすい状態になってしまうのではないでしょうか。

健康の為にも、パッチテストは毎回行いましょう。
そして、アレルギーかもしれないと思ったら今使っている白髪染めを停止することが大切です。

 

アレルギーの原因

白髪染めアレルギーは、なぜ起こるのでしょうか。

白髪染めアレルギーが起こる主な原因は、ジアミンだといわれています。
これは、白髪染めに含まれている酸化染料の成分です。

市販されている白髪染めのほとんどには、髪の毛を染めるためのジアミン系化学成分が配合されています。
その代表ともいえるのが、「パラフェニレンジアミン」でしょう。

パラフェニレンジアミンをはじめジアミン系の成分は、髪の毛をしっかりと染めるために必要な成分です。
パラフェニレンジアミンがなければ十分に髪の毛を染めることはできないでしょう。

そして、白髪染めアレルギーを発症した7割以上の人が、パラフェニレンジアミンによるアレルギーだといわれています。

もし、パラフェニレンジアミンによりアレルギーが発症してしまったら、市販の白髪染めを使うことができなくなってしまうでしょう。

そして、アレルギーが発症しても空画染めを使い続けていると、酷いときには抜け毛が増加したり、呼吸困難や心不全になってしまう可能性まであるのです。

これらを防ぐためにも必要なのが、「パッチテスト」です。

白髪染めを使うときは、毎回パッチテストを行うようにしましょう。

やり方はとても簡単です。

まずは腕の内側など目立たない部分に白髪染めの液剤を少量のみ塗ってみてください。
そのまま48時間、丸二日様子を見ます。

白髪染めを塗った部分に問題がなければ、白髪染めを使用しても良いでしょう。
アレルギーが発症している場合は、赤みや痒み等、何かしらの症状が出るはずです。

パッチテストさえ起こせば、パラフェニレンジアミンによる症状発症を食い止めることができるのではないでしょうか。

 

予防法

白髪染めアレルギーが発症してしまうと、もう市販の白髪染めを使うことはできないでしょう。

アレルギーは一時的な痒みや炎症のみではなく、さまざまな病気に発展する可能性もあるのです。

しかし、白髪染めを普段から使っている人は白髪染めをすることができなくなると困りますよね。

ずっと美容室で染めてもらうのは金銭的にも辛いですし、白髪頭のままで生活をするのも嫌だという方が多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントには、アレルギー症状が起こるジアミン系の成分が含まれていません。

白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めとは違った染め方をします。
一度で十分に色を入れることはできませんが、髪の毛にも頭皮にも負担をかけることなく、少しずつ髪の毛を染めることができるのが「白髪染めトリートメント」なのです。

そのため、白髪染めトリートメントにはジアミン系の成分が配合されていません。

これなら、アレルギーが怖いという人でも安心して使うことができますよね。

もちろん、白髪染めでアレルギーが発症したという人でも安心してお使い頂けるでしょう。

普段から白髪染めトリートメントを使っていれば、アレルギー症状はもちろん、髪の毛も頭皮も必要以上に痛めることなく、髪の毛を染めることができます。

白髪染め効果だけではなくトリートメント効果も得られるので、艶々の髪の毛をキープすることができるでしょう。

白髪染めを常用している人は、白髪染めトリートメントを使ってみませんか?

コメント