白髪を明るい色に染めるには

白髪染め リタッチ 白髪について
スポンサーリンク

市販されている白髪染めは、どれも濃いめのカラーリングが多いでしょう。

ほとんどが黒、もしくは濃いめのブラウンですよね。

ある程度の年齢になると、殆どの女性は落ち着いた髪色を維持する方が多いでしょう。
40代50代になって明るい茶髪の方は珍しいですよね。

そのため、市販の白髪染めを使うとどうしても髪の色が暗くなってしまうでしょう。

若い頃から明るい髪色を維持してきた人は、白髪だけれども明るく染めたいと思うかも知れません。

しかし、それは難しいことです。
まず、美容室で「白髪を明るく染めたい」というと断られる可能性があります。

美容室で取り扱っているカラーリング剤は、髪の毛を痛めないように調合されています。

白髪をむらなく明るく染めるためには、ある程度強さのあるカラーリングでなければ難しいでしょう。
そのため、、断られてしまう可能性があるのです。

ムラが合っても綺麗に染まらなくても良いから美容室でお願いしたい、という人は少ないですよね。

そこで自宅でのカラーリングです。

白髪を一度ブリーチしてしまえば、綺麗に色を入れることができるのでは?という発想になるかも知れません。

ブリーチをしてメラニン色素を除去してしまえば、確かに色が入りやすくなります。

しかし、髪の毛全体に均等にブリーチすることは難しいでしょう。

明るい白髪染め

白髪と黒色の髪の毛に同時にブリーチをすると、どうしても白髪部分のみ真っ白で、あとは適度な色の抜け具合になってしまいます。

また、白髪が出来た髪の毛は通常よりも弱く、細く、傷みやすい状態になってしまっているでしょう。

この状態でブリーチをして、更に明るく染めるとどんどん髪の毛が傷んでしまうのです。

もし白髪を明るく染めたい場合は、市販の白髪染めの中でも明るめの色をチョイスするようにしましょう。

それ以外の方法だと、髪の毛がどんどん傷んでしまいます。

コメント

  1. […] こちらも御覧ください=https://www.hair-color.click/about/76/ […]