賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

思い切って白髪染めを止める人が増えている

グレイヘア

常に白髪が目立っていないか心配しながら生きるのは面倒と感じることはありませんか?

私は毎日です。

朝起きると鏡の前で分け目に白髪が見えていないかチェックし、風で髪がなびいている時も内側に白髪が目立っていないか心配になります。

特に、大事な用事がある時に限って白髪を見つけてしまうと、その日一日ブルーで他のことが手に付きません。

白髪を染めることに執着しすぎて、まるで人生を損しているかのように感じることがあるのです。

そんな私が見つけたのがこの本です。

 

Mari Kimuraさん(@k.maronoaelf)がシェアした投稿

私と同じことを考え感じている人がどれだけ多いのか分かりますね。

最近は白髪を染めずにグレーの髪を楽しむ人が増え、グレーに染める白髪染めまであります。

グレーならば白髪染めの回数もかなり減らすことが可能でしょうし、白髪が目立ち始めたと大騒ぎする必要がありません。

今はまだアラフォーなのでさすがに染めに勇気はありませんが、白髪があって当たり前の年代になったら、是非きれいなグレーヘアーを楽しみたいと思います。

白髪染めを止めるとすごいことが起こる

白髪染めはヘアカラーよりも頻繁に行うことが多く、特に根元の白髪にはリタッチをするため頭皮にダメージを与えます。

白髪染めもヘアカラー同様、髪の色を抜いてそこに色を入れるのですから、かなり強力な薬剤を使うことになります。

そんな強い薬剤を頻繁に髪だけではなく頭皮に塗るとパサパサの髪になりますし、年齢的にも薄毛に拍車がかかってしまいます。

白髪だし薄毛だし髪はパサパサ・・・かなり悲劇ですよね。

そうならないためにも、白髪染めを止める勇気も必要かもしれませんね。

先ほど紹介した「グレイヘアー 美マダムへの道」では、白髪染めを止めると自由になるという内容が含まれます。

本を読む前からそれを感じている私ですから、きっと共感できる内容なのでしょう。

 

このインスタグラムの写真は著者の現在と2年前です。

本人は2年前の方が若く見えると言っていますが、私は今の方が若く美しく女性らしいと感じます。

無理に染めるのではなく、ありのままの髪が美しいと心から感じることができる写真ではないでしょうか?

ずっと白髪を染めていると、それが自分らしいと思い込んでしまいますが、実はそれは本当ではなく偽りです。

ありのままの自分を少しだけ見せる勇気が出れば、白髪を染めずにグレイヘアを楽しむ人生が送れるかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。