子供の白髪は何で染める?

学生 白髪について

子供でも若白髪と呼ばれるように、白髪が生えてきてしまう場合があります。

そんな時、親としてはなんとかしてあげようとしますが、染めるにしてもどうすればいいのかわかりませんよね。

特に子供は何で染めるのがいいのか、大人とは違うのでよくわからないでしょう。

子供の白髪、一体何で染めれば良いのでしょうか。

子供の髪を染める時の条件としては、やはり頭皮を傷めないものが一番でしょう。

そのため通常の白髪染めを使用することはとても危険な行為となります。

できるだけ、自然に染められて、肌も髪も傷めないようなものが一番良いでしょう。

特に白髪は何回も染めなくてはならないので、きちんと使用する前にはパッチテストも行ってあげましょう。

子供でもまだ使用することができるといえば、ヘアマニキュアでしょう。

肌への刺激もできるだけ抑えられているものも多いので、天然成分配合のものを選んであげましょう。

他にもトリートメントタイプの白髪染めであれば、比較的頭皮も傷みにくいので、安心して使用することもできるでしょう。

どうしても染めたいと考えるのであれば、ヘアマニキュア、もしくはトリートメントタイプの白髪染めで、優しく染めてあげましょう。

また使うときはパッチテストも忘れずに行い、使用した後も頭皮の状態を必ず観察してあげましょう。

肌に優しく、髪を傷めないことを前提として、子供に使用できる白髪染めを選びましょう。

子供が白髪になる原因

年齢が進むと自然に白髪は増えてくるものですが、子供でも実は白髪になってしまうことがあります。

子供の白髪の原因としては、主に栄養不足・睡眠不足・ストレスや病気などが考えられます。

特に髪の毛に色を与えるためには、頭皮の血行や栄養状態が重要なポイントとなります。

鉄分やミネラル、亜鉛などが不足してしまうと薄毛や白髪になってしまう可能性があるのです。

ミネラル不足は子供の多くに見られるので、特に注意が必要となります。

またすみん不足やストレスは結構不良を起こしてしまいます。

結構不良が進んでしまうと、頭皮に必要な栄養分が配給されなくなってしまうので、働きが鈍くなりメラニン色素が生成されにくくなります。

そのため白髪ができやすくなってしまうのです。

また他にも甲状腺疾患や鉄欠乏性貧血やビタミンB12欠乏症、尋常性白斑やビオチン欠乏症、金属アレルギーでも白髪になる可能性があります。

白髪が一つでも見つかったのなら、栄養不足や睡眠不足のほかストレスなども考慮して、改善に努めるようにしましょう。

またそれでも全く改善しない場合や、どこか調子がおかしいと感じたら病気の可能性もあるので、必ず病院へ行き受診するようにしましょう。

改善方法はある?

悩み

子供の白髪の原因は、栄養不足や睡眠不足、他にストレスなどの原因があることが多いです。

そのためこれらを改善することで、白髪が徐々に減ってくる可能性もあります。

改善方法としては、まずストレスにつながる睡眠不足を解消してあげることから始めて行きましょう。

最近の子供は眠る時間も遅く、スマホやゲームなどを寝る直前まで行っている子も多いそうです。

質の良い睡眠が取れなくなってしまうので、できるだけ睡眠をまずは充実させるようにして、ストレウの軽減に努めましょう。

さらにミネラル不足など栄養の偏りも白髪の原因となってしまうので、白髪改善のためにも、ミネラルなどを豊富にしたバランスの良い食事を心がけ、1日3食しっかりと食事ができるようにしてあげましょう。

特にワカメや海藻類などを積極的に摂取するように意識すると、色が戻りやすくなる場合もあります。

病気の場合は改善できない可能性もあるので、そのときは医師と相談の上で子供でも使用できる白髪染めを使いましょう。

このように、子供の場合も大人と同じように改善できる可能性はあり、白髪染めだけが対処法ではありません。

必ず全体的にということや、すぐに改善されるというわけではありませんが、徐々にでも効果を出すために続けて改

コメント