白髪の人は本当に剥げないの?

薄毛 白髪について
おすすめ白髪染めトリートメント

白髪の人ははげにくいという話を聞いたことはないでしょうか?

確かに、白髪で薄毛ってあまりいないような・・・

むしろ白髪頭の人は毛量が多く年を取っていても、絶対にはげないくらいびっしり髪が生えているイメージがあります。

「白髪とハゲどっちが良い?」なんて話を友達としたことがないでしょうか?

誰もが口をそろえて「白髪に決まってる!だってハゲはごまかせないけど、白髪は染めることができるから」と言います。

私自信本当にそう思います。

髪がなくなってしまったら好きなヘアスタイルを楽しむこともできませんが、白髪ならば染める面倒はあるものの、好きな色に染めることだってできます。

しかし、本当に白髪の人ははげないのでしょうか?

実際はそんなことはなく、白髪と薄毛両方の症状が出る人が多いのです。

そんなこと言われても納得できない人が多いかもしれませんが、考えてみてください。

薄毛の人は白髪が目立つ前に髪が抜けていますし、はげている部分が目立たないように短髪、もしくはスキンヘッドや坊主にしている場合が多いのです。

ですから、髪が長い人に比べて白髪が目立たないだけのようです。

髪が薄いのですから、白髪も黒髪も目立たないのは当然ですよね。

実はどちらも原因は同じ

実は白髪と薄毛は密接な関係があり、どちらも原因は同じだと考えられています。

もちろん、遺伝的な要素もありますが、白髪になる原因も薄毛になる原因も何らかの理由で頭皮環境が悪化したことが考えられます。

頭皮環境が悪化すると、毛根まで十分な栄養がいきわたらなくなります。

いわば頭皮が酸欠状態に陥り元気がなくなってしまうのです。

そうなると、どうしても元気だった髪が細くなったり、メラノサイトの働きが鈍くなってしまうのです。

逆に頭皮環境が良い人は、十分な栄養が毛根まで届いているため、ハリのある元気な黒髪が育ってくれるのです。

メラノサイトが完全に機能を失ってしまっている場合は、白髪が黒髪の戻ることはありませんが、少しでも機能が残っている場合は黒髪に復活する可能性もあります。

よく、一度白髪になった髪は二度と黒髪には戻らないと言いますが、実際根元が黒い白髪を発見した人は多いはずです。

これは、何からの原因で一時的にメラノサイトの働きが鈍っただけで、まだ完全に機能を失ってはいなかったのです。

ですから、食生活や生活習慣を見直すことで、頭皮環境を整え白髪と薄毛の両方を予防することができるのです。

白髪と薄毛を同時にケア

シャンプー

それでは、白髪と薄毛の両方をケアするには、どのような方法があるでしょうか?

まず、ありきたりですが食生活を見直すことが大切です。

食べ物と頭皮は直接関係がないように思いますが、実は一番重要なことなのです。

ワカメなどの海藻類も髪にはとても良いのですが、それに加えてたんぱく質やビタミンも重量な役割を果たします。

頭皮の血行を促進するためにも偏った食生活を見直し、十分な睡眠と適度な運動を取り入れましょう。

また、シャンプー選びもとても大切です。

⇒薄毛とシャンプーの関係

シャンプーで白髪や薄毛のケアができるなんて信じられないかもしれませんが、頭皮環境を整えるためには絶対に外せないケアです。

頭皮環境を整えることを毛穴の汚れを根こそぎ取り除くことだと勘違いしてしまう人がいますが、実はそれが逆効果なのです。

頭皮には必要な皮脂があり、それがバリアの役割をして守ってくれているのですが、強力なシャンプーで洗うことでそのバリア機能を取り除いてしまいます。

結果、無防備な頭皮は様々な外的な刺激にさらされることになるのです。

バリア機能を守って汚れだけを落とすには、アミノ酸系のシャンプーがおすすめで、優しくマッサージするように洗うことで白髪と薄毛のケアを同時に行うことができるのです。

 

 

コメント