白髪を抜くと増える?実は薄毛になる可能性が!

白髪について
おすすめ白髪染めトリートメント

もし、気づかないうちに白髪が生えていたら、どうしますか?

白髪

色々な対処の仕方がありますが、一般的には白髪染めで染めるか抜く!そのままにすると言った感じでしょうか。

見た目にも白髪が目立ってきた場合は、思い切って染める人が多いかもしれませんが、染めるほどでもないけど白髪があるのは分かる。

そんなときは、生えたら抜くを繰り返している人も多いようです。

白髪を毛根ごと抜いてしまえば、確かに目立ちませんししばらく持ちます。

しかし、抜くと白髪が増えるとも言われているので気になるところです。

最初のころは、白髪を抜くとそれで解決したような気がしてしまいますが、実際はそこから生えてくるのは白髪です。

ですから、抜いても抜いても白髪は減らないのです。

それだけではなく、まだしっかり生えている髪を毛根ごと無理に抜いてしまうと、頭皮を傷めてしましそこから二度と髪が生えなくなってしまいます。

白髪であっても生えなくなると薄毛の原因になります。

抜き続けることで頭皮環境が悪化すると、健康な黒髪にまで影響が出てしまうようです。

髪を抜くことは、意外とくせになりやすく白髪を見つけるたびに抜いてしまうことも考えられます。

髪を抜くこと自体頭皮や髪には良いことではないので、できるだけ他の方法で対処するようにしましょう。

 

数本なら抜いても大丈夫?

それでは、染めるほどでもなく黒髪に数本だけ白髪がある人は、どうしたらいいのでしょうか?

突然白髪が生えることは子供でもあることで、つい抜いてしまいたくなります。

本当に1.2本程度ならば抜いても問題ありませんが、それ以上に増えた場合は髪が傷まない白髪染めを使う必要があります。

特に、若いころから白髪が目立つ人は、髪だけではなく頭皮の健康も考えて対処法を決定しなくてはなりません。

若白髪で早くに白髪染めを使い始めた人は、その後はずっと染め続けなくてはなりません。

美容室などでは白髪染めは2.3ヶ月に1回にするように言われますが、そんなに放置するとあっという間に根元の白髪が目立ってしまいます。

美容師

きれいな状態をキープするには、最低でも1ヶ月に1度は染める必要があるのです。

しかし、毎月強い薬剤で染めることで、髪と頭皮が傷み白髪と薄毛が進行してしまう可能性があります。

ですから、少しでも白髪が生えてきたら、トリートメントタイプの白髪染めを使うようにしましょう。

また、数本だけで染める必要がない場合は、抜くのではなく面倒でもはさみで根元をカットする方法もあります。

若白髪の対処法

歳と共に白髪が生えてくるのは自然なことです。

40歳以上になるとほとんどの人が白髪を発見するはずで、どのように対処するべきか考え始める時期です。

しかし、体質や遺伝などによって10代、20代から白髪が目立ち始める人も少なくなく、これを若白髪と呼びます。

白髪は見た目の印象にかなり影響を与えるため、そのままでは年齢よりもかなり上に見られてしまうことになります。

また、人目を気にしすぎる人も多く、できるだけ長く続けやすい方法を見つけることが大切です。

面倒だったり、髪や頭皮に影響があったりするものは若いころから使い続けることができません。

そうなると、やはりトリートメントタイプの白髪染めが一番ではないでしょうか?

入浴時に普通のトリートメント同様に塗って洗い流すだけですから、10代でも簡単に使うことができますし、健康な髪をキープすることもできます。

白髪染めは髪と頭皮には毒でしかありません!将来薄毛になる可能性が高いのです。

自分が選んだもので自分の髪と頭皮を傷つけないようにトリートメントの白髪染めを使うようにしましょう。

コメント