白髪染め後のお風呂掃除方法

白髪染め 掃除 白髪について
おすすめ白髪染めトリートメント

白髪染めを後のお風呂が染料で汚れているのを見て驚いたことはありませんか?

かなり強力に染まるので髪だけではなく浴室にも色がついてしまう可能性が高いので、白髪染め後のお風呂はすぐに洗う必要があります!・・

とは言っても気づかないうちにあちこちに飛び散ったり、落ちてしまったのを気づかないなどありますよね・・

かなり時間が経ってから「こんなところに染料が!」と驚くこともありますよね~

そのときは汚れていないように見えても翌日になって壁にシミができていたり床に色が染み込み取れないなんてこともあるので、染まる前に洗い流すことが大切なんですよね。

白髪染め後のお風呂掃除

それでも染料が取れない場合はマニュキュアを落とすときに使う除光液をコットンに含ませて優しくたたいてみてください!

もしかしたらこの方法で色が落ちる可能性がありますが、素材よっては向かないことがあるので試したい場合は最初は目立たない部分で行って大丈夫そうなら実際に染料が付いた部分を試しましょう。

他にも激落ちなどのスポンジで落とせるケースもあるので、試してみてください!

一度付着した染料はなかなか落とすことができないの、染める前にそれを頭に入れなるべく飛び散らないように気を付けるようにしましょう!

頭皮や手が染まらない方法

自宅での白髪染めも技術の進化によって美容院と変わらない効果を期待することができるようになってきました。

ですが白髪染めの後はどうしてもお風呂場や洗面所が汚れてしまったり、手に色がついて落ちなくなってしまうこともありますよね。

また毛染めの際には手だけではなく頭皮にもカラー剤がついてしまうことがあります。

手や頭皮にカラー剤がついてしまわないようにまずは対策しTから毛染めを始めましょう。

まず手にカラー剤がつかないようにするためにはビニールかゴム手袋をつけて染髪しましょう。

ビニール手袋は破れてしまう場合もあるので、2枚重ねてすると良いですね。

また一番厄介なのがカラー剤が頭皮についてしまうことです。

頭皮にカラー剤がつかないようにする方法はまず根元までカラー剤を使用しないことが一番の方法です。

しっかりと頭皮を守りたいのであればクリームなどを頭皮に塗る方法もありますが、それでは根元だけが浮いてしまう場合もありますし、クリームとかラーザーが反応してしまい危険な場合もあるのです。

ある程度少しはつくのは仕方がないので、できるだけ根元までカラー剤を馴染ませないように染めていきましょう。

髪をブロッキングして染めていくと根元にカラー剤がかかりにくくなります。

べったりとつけないように丁寧に細かく染髪するようにしましょう。

コメント