髪を切り過ぎた!早く伸ばす方法はある?

髪 髪について
スポンサーリンク

美容室で予想以上に短く切られた経験はないでしょうか?

きちんと伝えなかった自分が悪いのか、美容師の腕が悪いのか・・・

「どうですか?」と合わせ鏡でみせられても、「切り過ぎです!」と言える人はあまりいないかもしれません。

頭の中が真っ白になりながら「大丈夫です・・・」と言うでしょう。

私も自分が思っていた髪型とはまたく違う長さになってしまい、結ぶことともできない状態になってしまったことがあります。

せっかく特別な日に合わせて髪を切ったのに、泣きたくなってしまいました。

思ったよりも長い場合は「もう少し切ってください」と言えますが、すでに切られてしまった場合は諦めるしかありません。

その後のことを考えて美容師さんにきちんと「この長さでは短すぎる」と伝えた方が良いのでしょうが、勇気が出ないし何も言いたくなくなるものです。

長さをすぐに改善することはできませんが、できるだけ早く伸ばしたいものです。

人間の髪は1か月に1センチほど伸びると言われているので、もし5センチも短く切られてしまったら、5ヶ月は我慢しなくてはならなと言うことにまります。

ネットで調べてみると、意外とたくさんの「髪を早く伸ばす方法」が紹介されています。

どれが自分に合っているのか分かりませんが、少しでも早く伸びるように頑張りましょう!

髪を早く伸ばす方法

和食

髪を早く伸ばす方法はいくつかありますが、誰でもすぐに始められるのは、やはり食事のバランスを整えることです。

髪を伸ばすためには何か一つの成分が大量にあれば良いわけではなく、バランスが大切です

特に質の良いたんぱく質や亜鉛が有効です。

また、女性はホルモンのバランスも大切なので豆乳や豆腐に多く含まれるイソフラボンも大切です。

髪を伸ばす、濃くするためにはワカメや昆布が思い浮かぶ人も多いかもしれませんが、食べ過ぎは良くないので適量を長く続けるようにしましょう。

そして一番大切なのは、頭皮環境です!

頭皮環境を整えるためには、血行を改善し毛根にしっかり栄養が行きわたるようにしなくてはなりません。

白髪染めも頭皮にダメージを与えるので、できるだけ避けましょう。

どうしても使いたい場合は、白髪染めトリートメントを使用し髪と頭皮の健康を守りましょう。

なかなか髪が伸びないと悩んでいる人の多くは、白髪染めやヘアカラー、パーマなどで頭皮環境にダメージを与えていたり、髪が傷み途中で切れている可能性があります。

少しでも早く髪を伸ばすためには、頭皮環境を整える食事と生活を心がけましょう。

 

コメント