賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

白髪染めをしている人におすすめのシャンプー

白髪スカルプシャンプー

白髪染めをしていると、どんどん頭皮も髪の毛も傷んでいきます。

また、しっかりと染めても時間経過と共にどんどん色が落ちて薄くなってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、カラーケアシャンプーです。

カラーケアシャンプーを使うことでカラーリングで傷んだ髪の毛をケアしながら、色持ちを良くしてくれるでしょう。

おすすめのカラーケアシャンプーをいくつかご紹介いたします。

まずはロレアルのプロフェッショナルセリエ エクスパート ルミノコントラストシャンプーです。

こちらのシャンプーは、ニュートリオイルコンプレックスが傷んだ髪の毛をしっかりと補修してくれる、ケア効果に特化した差なのです。

カラーリングをした後の髪の毛は、どうしてもパサつき、水分不足になっています。

オイルできちんと潤いを補給することで、健康的な髪の毛を元に戻してくれるでしょう。

マルチカラー対応シャンプーなので、白髪染めをした髪の毛でもしっかりとケアしてくれます。

美容師もお奨めするほど高い効果を発揮してくれるシャンプーだと評判です。
リーズナブルなカラーケアシャンプーを探している方には、プレミアムヴィダルサスーン カラーケアシャンプーが良いのではないでしょうか。

有名なシャンプーブランドヴィダルサスーンのカラーケア用シャンプーです。

美しくカラーリングされた髪の毛を維持する事に特化したシャンプーで、髪の毛1本1本を艶やかにしてくれるでしょう。

根本から毛先まで、潤いでコーティングしてくれます。

さらさらと光輝く髪を手に入れたい方におすすめです。

色あせから髪の毛を守り、ツヤを与え、傷んだ髪の毛を内部から補修してくれるでしょう。
ビゲンのトリートメントシャンプーもおすすめです。

白髪染めブランドビゲンの販売するカラーケアシャンプーという事で、多くの白髪染めユーザーに愛されています。

カラーリングした髪の毛をトリートメント効果で整え、ツヤ持ちの良い状態に補修してくれるでしょう。

ヘアカラー後の髪の毛を弱酸性に保ちキューティクルを引き締めてくれるので、カラーリング前の状態に戻してくれます。

こちらのシャンプーを使うと髪の毛がしっとりしますし、カラーの持ちも十分だと評判です。

 

どんな成分に注目すればいい?

シャンプーにはさまざまな成分が含まれています。

髪の毛に良い成分もタップリと含まれていますが、中には髪の毛に悪い成分も含まれています。

どんな成分が髪の毛に良くて、どんな成分が髪の毛に悪い効果を与えるのでしょうか?

 

良い成分

お奨めの成分はいろいろあります。

たとえばココイルグルタミン酸TEAは天然アミノ酸から抽出できる、弱酸性の成分です。

使用感も滑らかですし、何よりも髪の毛を保護補修する効果を得られます。
そのため、安全性が高く、しっかりと髪の毛を洗い上げてくれるでしょう。

ココイルメチルタウリンNaも、低刺激で髪の毛に優しい成分です。

染髪後の髪の毛は、とても傷んでいます。
洗浄力の強いシャンプーよりも、ココイルメチルタウリンNa等が含まれている適度な泡立ちと刺激で洗うことができるシャンプーが最適でしょう。

イソペンチルジオールは保湿性に優れた成分です。

白髪染め後は、どうしても髪の毛が乾燥した状態となっています。

イソペンチルジオールで保水をすることで、髪の毛が潤い、しっとりとなるのではないでしょうか。

イソペンチルジオールは無色透明無臭で安全性が高い保湿成分なので、とてもお奨めの成分です。

 

悪い成分

次に、髪の毛に悪い成分についてご紹介します。
実は、髪の毛に悪い成分は本当にたくさんあります。

たとえばラウリル硫酸Naやラウリル硫酸カリウムは、どちらも石油系合成界面活性剤です。

これらが配合されているシャンプーは普段使いはもちろんカラーリング後にはおすすめできません。

ラウリル硫酸Naやラウリル硫酸カリウムは髪の毛にとって洗浄力が強すぎるのです。

たっぷりと泡立ち心地良い洗浄力のシャンプーは良いと感じるかも知れません。
しかし、頭皮に必要な皮脂まで洗い永てしまう可能性が高いのです。

髪の毛の事を考えるのであれば、これらが使われているシャンプーは使わない方が良いでしょう。

せっかく染めた髪も、ラウリル硫酸Naやラウリル硫酸カリウムの強い洗浄力のせいで色がすぐに落ちてしまうかも知れません。

市販されているシャンプーで、100パーセント良い成分のみで売られているシャンプーというのはほとんどないでしょう。

しかし髪の毛の事を考えるのなら、悪い成分があまり含まれていない、適度な洗浄力のカラーリング用シャンプーが好ましいです。

 

カラーケアシャンプーの効果

カラーリング後におすすめされるカラーケアシャンプーは、本当に効果があるのでしょうか?

まず、カラーケアシャンプーは他のシャンプーよりも保湿力が高いシャンプーが多いでしょう。

カラーリング後の髪の毛は絶対的な水分不足となっています。

シャンプーで保水をすることで、健康的な状態へと少しずつ戻すことができるのです。
過度なダメージを受けた髪の毛を修復できるのが、カラーケアシャンプーの効果なのではないでしょうか。

また、洗浄力が強すぎないという点もカラーケアシャンプーの特徴です。

カラーリング後は洗浄力の強すぎるシャンプーで洗うとせっかく染めた色が落ちてしまう可能性があります。

そのため、適度な洗浄力のシャンプーでなければいけないのです。

もちろん染髪直後はしっかりと洗いながすために数回洗うことをおすすめしますが、普段のシャンプーは適度な洗浄力で洗うようにしましょう。

白髪染めケアシャンプー

カラーケアシャンプーはいろいろな種類のシャンプーがあります。

そのためどのカラーケアシャンプーも高い効果を実感できるという訳ではありません。

もし確実な効果を実感したいのであれば、評判の良いカラーケアシャンプーを選ぶようにしましょう。

値段の安すぎるシャンプーは、余り高い効果を実感出来ない可能性があります。

安く保湿効果を与えるために、質の悪いオイルが含まれていて頭皮がベタベタになってしまう可能性もあります。

髪の毛を保護するシリコンがたっぷりと含まれていて、髪の毛が硬くなってしまう可能性もあるでしょう。

もしカラーケアシャンプーを選ぶときは、しっかりと口コミをチェックして買うようにして下さい。
おすすめのカラーケアシャンプーは、アミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が適度で髪の毛に栄養を与えながら洗髪をすることができるでしょう。

そのため色落ちもせず、髪の毛をしっかりと補修してくれるのでカラーリング後の髪の毛には最適です。

アミノ酸系シャンプーは決して安い金額では売られていませんが、値段相応の効果は実感できるでしょう。

おすすめはこちら=100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。