賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

見栄えの悪い若白髪の原因と対策

若白髪

白髪と言うものは、30代から40代にかけて少しずつ増えてくるものです。

しかし、稀に10代20代の若いころから白髪に悩まされている人も居るでしょう。

若いのに白髪が生える現象を、若年性白髪といいます。

若年性白髪の原因は主に3つあるといわれています。

一つ目は遺伝です。

両親のどちらかが若いころから白髪が生えていると、その子供も遺伝で若いころから白髪が生える可能性もあるでしょう。

若年性白髪の中でも特に一番多い原因は、遺伝だといわれています。

もし白髪が気になったら、両親に聞いてみてください。
遺伝の場合は心配をすることもないでしょう。

次に、精神的なストレスが原因の白髪です。

ストレスが原因で薄毛が進行するということは珍しくはありません。

ストレスが溜まっていると、抜け毛が増えたり円形脱毛症になるでしょう。

しかしそれだけではなくて、ストレスが原因で白髪が発生する場合もあります。

頭皮と精神はとても近しい関係にあり、精神面が不安定だと髪の毛が薄くなったり、白髪が出てくるのでしょう。

これは十分に栄養が送られなくなってしまうからです。

精神的なストレスを改善することで、白髪は改善します。

最後に栄養不足です。
ダイエット等、過度に栄養が不足していると白髪が生えてくる可能性があります。

 

これは病気?一生このまま??治るの???

若白髪が急にできると病気なのではと不安に思うことも多いでしょう。

もちろん、病気が原因で若白髪が出来る可能性はあります。

若白髪 治る?

若白髪が起こる主な病気は、貧血症、甲状腺異常、胃腸疾患等が多いといわれています。
また、病気による白髪は部分的に少しずつではなく白斑などができ、その部分のみ白髪が生じるという場合もあるでしょう。

もちろんこれだけではなく、かいよう性大腸炎や栄養障害等、白髪が起こる病気は意外にたくさんあります。

なぜ病気のせいで白髪ができるのでしょうか。

まずは、血行不良の可能性が高いからです。

抹消血液から髪の毛が作られなくなると、どんどん冷えて白髪が出来てしまいます。

そのため、血流が悪化する病気は白髪になってしまう可能性があるのです。

次に、内臓疾患での白髪です。

小腸周辺には栄養を吸収する毛細血管がありますが、ストレスなどを感じると血液の流れが悪化してしまうでしょう。

そのせいで、内臓が弱まっていると白髪が出来る可能性が高まるのです。

他にも、さまざまな原因で白髪が出来てしまいます。

もし白髪以外にも体の不調が見つかった場合は、病気の可能性を疑ってみてください。

病気の初期症状による白髪は、他にも初期症状があります。

 

最善の対策は染める事

若白髪は目立つので気になってしまいますよね。

若白髪対策には、いくつかの対策があります。

まずは、原因を見つけて改善をすることです。

遺伝ではない限り、若白髪には何かしらの原因があるでしょう。

特に多いのが体や精神面の不調による白髪です。

そのためこれらを改善することで、白髪も改善する可能性が高いのです。

健康的な食生活、生活習慣を続けることで、白髪も改善していくでしょう。

まずはしっかりと睡眠を摂って、きちんとした食事をとる習慣を行うようにして見て下さい。

これだけでも、白髪が改善する可能性はあります。

また、精神面が影響している場合はストレスを溜めない為にリフレッシュをすることも大切でしょう。

若白髪 染める

しかし、これだけで改善しない場合は染めた方が楽だと思います。

若白髪は本数も少ないので抜くという選択肢もありますが、毎回抜いていてはキリがありません。

そのため、染めてしまった方が良いでしょう。

通常の白髪はカラーリング剤では染まり難いですが、若白髪は本数が少ないのでカラーリング剤でも染めることができるでしょう。

気軽に染めたい場合は、白髪染め用のカラートリートメントもおすすめです。

気軽に染めることができますし髪の毛も痛みません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。