賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

CMのような艶々サラサラ髪を手に入れる方法

ドライヤー

シャンプーのCMを観ると、本当にきれいな髪で自分と比べてしまいます。

「このシャンプーを使うと、こんなにきれいな髪になりますよ!」という宣伝なので、当然きれいな髪の女優さんやモデルさんを使うはずですが、その人達と私たちの髪は、何がそんなに違うのでしょう?

きれいに見せるために色々なテクを使っているようですが、そうじゃなくても普通の人よりはきれいなはず。

もちろん、パサつきや広がりがなく適度な艶感とサラサラとした軽やかさがあります。

以前、きれいな髪の人は毎日しっかりトリートメントを使っていると言っていました。

基本的なことかもしれませんが、髪の洗い方や乾かし方、ブローの仕方まですべてが健康的な髪を守るために行われているのでしょう。

髪

まず、洗い方ですが、高価なものでなくてもマイルドで低刺激、適度な油分を残してくれるものがおすすめです。

私たちは、「髪を洗う=頭皮や髪の脂と汚れを根こそぎ取り除く」ことだと思っていますが、実はそれが頭皮の乾燥や逆にベタつき、髪の傷みにつながる可能性があります。

洗浄力が強いシャンプーが良いものではなく、マイルドでバリア機能の役目をはたしてくれる油分を適度に残すものを選ぶ必要があります。

そして、しっかりシャンプーした後は、トリートメントを使います。

リンスやコンディショナーではなく、トリートメントがポイントなのです!

5分ほど待ってから洗い流し、タオルドライはゴシゴシするのではなくトントン叩き、できるだけ水分を残さないようにします。

その後、ドライヤーの熱から髪を守るオイルなどを毛先を中心に塗り、30センチほど離して乾かします。

ドライヤーの熱が髪に悪影響だと思い込み、自然乾燥をする人がいますが、これはNG!

塗れた髪はとても傷みやすくダメージを受けやすいので、早めに乾かすのが正解です。

きれいな髪を育てるためと抜け毛を予防するために、女性用の育毛剤を使うのもおすすめ!

女性が育毛剤を使うことに抵抗がある人も多いかもしれませんが、健康的な髪を育てるには頭皮環境を整えることが何よりも大切です。

それには育毛剤が最適なのです。

寝る時も、枕との摩擦で髪が傷みやすいので、枕カバーの質にもこだわりが必要です。

最近は、昔のおば様たちがかぶっていたナイトキャップが人気で、これをかぶって寝るだけで翌朝しっとりまとまりのある髪になるそうです。

このように、きれいな髪を手に入れるためには、毎日のケアがたいせつです。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、習慣にすることであこがれのCMの髪を手に入れることができるかもしれません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。