賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

白髪染めとヘアカラー(オシャレ染め)の違い

ヘアカラー

髪の毛を染めるアイテム、といえばヘアカラーか白髪染めが主流ですよね。

ドラッグストア等でも、ヘアカラーと白髪染めは同じ場所に置いています。

しかし場所が分かれていますし、美容室でも「ヘアカラー」と「白髪染め」のメニューが分かれていることが多いでしょう。

ヘアカラーと白髪染めは、どんな違いがあるのでしょうか?
実は、ヘアカラーも白髪染めもどちらも「ヘアカラー」と言って問題はありません。

しかし、基本的に髪の毛を明るく染める目的で使われるヘアカラーと、白髪を黒く染める目的で使われている白髪染めでは染料方法や染料剤の配合方法が異なるといわれています。

そのため、ヘアカラーと白髪染めは別の種類で販売されているのでしょう。
日本人は、ほとんどの人が黒色の髪の毛をしていますよね。
実は黒髪はメラニン色素が強く、カラーリングをしにくい髪質なのです。

これは白髪でも同じことです。

白髪染めでもヘアカラーでもキューティクルを開いて染髪をするのは代わりありませんが、明るくカラーリングをするヘアカラーは、より強くキューティクルを開き、メラニン色素を除去しながら染髪をする効果があります。

そのため、髪の毛を明るく染めれば染めるほど、髪の毛は痛み安くなってしまうでしょう。

黒髪にしっかりと色を入れるために強力なブリーチ剤が配合されています。

しかし白髪染めは、もともとメラニン色素が抜けている部分を黒くするための商品です。
そのためヘアカラーでメラニン色素を除去する必要はないでしょう。

そのため、白髪染めは「メラニン色素の除去」ではなく「染毛力」を重視して作られています。

日本人用のヘアカラーは通常のヘアカラーよりも液剤が強力で髪の毛が傷みやすいです。
そのため、もし白髪染めをしたい場合は、黒く染めるヘアカラーよりも、白髪染めを使うことをおすすめします。

その方が、より綺麗に染めることができるのではないでしょうか。

 

ヘアカラーで白髪は染まらない

白髪染めは「髪の毛の白髪が全体に目立ってきたら使うもの」という認識の方も多いでしょう。

普段から茶色等にカラーリングをしている人は、多少白髪が混じったとしても通常のヘアカラーで髪の毛を染めてしまうかもしれません。

確かにたくさんの髪の毛の中に数本だけ白髪が混じっている程度であれば、白髪染めを使うのがもったいないと感じてしまうかも知れませんね。

無理

しかし、通常のカラーリングでは白髪を十分に染めることができないといわれています。

カラーリングと白髪染めの違いは、「メラニンを除去する効果が高い」か「染毛効果が高い」かです。

そのため、通常のカラーリングでは真っ白に染まった白髪を十分に染めることは難しいでしょう。

白髪がある程度ある人は、白髪の部分だけうっすら染まったり、十分な洗髪効果を実感することは出来ないかも知れません。

数本程度の白髪を誤魔化す為にカラーリングをするのであれば色ムラ等もなく染めることができるでしょう。
しかし、ある程度増えて着たらきちんとした白髪染めで染めることをおすすめします。

 

白髪染めと相性が良いシャンプー

白髪染めの色を長持ちさせるためにはシャンプーも会うものを選ばなければなりません。

抜け毛予防にもシャンプー選びは大切です→シャンプーと抜け毛の関係

ご自宅で普段から使用しているシャンプーではもしかしたら相性も良くないかもしれないのです。

ヘアカラーをした後でもシャンプーによっては色が落ちてしまう場合がありますが、白髪染めでも同じように落ちてしまう可能性があるのです。

白髪染めはヘアカラーとは違い白毛によく染まるように作られています。

表面だけ染めるのではなく色のない毛に色が浸透するようになっているのですが、その色まで落としてしまうようなシャンプーもあるため気をつけないといけないのです。

シャンプーにも色々な種類がありますが、まず界面活性剤が含まれていたりアルカリ性のシャンプーは色が落ちやすくなるため使用は控えた方が良いでしょう。

洗浄力が強すぎるシャンプーも色落ちの心配がありますが、洗浄力があっても成分が髪に優しいもので作られているシャンプーであれば色落ちの心配もあまりありません。

相性が良いシャンプーを選ぶのであれば弱酸性のものやアミノ酸系のシャンプーを選ぶと良いでしょう。

またノンシリコンシャンプーも比較的色落ちしにくいので安心して使用できるシャンプーです。

せっかくキレイに染めた後は色も長持ちさせるためにケアも必要となります。

まずはシャンプーから色落ち対策始めましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。