賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

長期休みはブリーチする子供が増える

ブリーチとはどういったもの?
髪の毛が明るくなる仕組みとメリットデメリットは?
ブリーチとは「ブリーチとは何だろう?」と思ったことはありませんか?

女性ならヘアサロンやヘアカタログなどで、一度は聞いたり目にしたりしたことがあると思います。
ブリーチとは、髪の毛を脱色することです。

ヘアカラーをする前にブリーチをすることで、外国人のような発色の良い明るい色にすることや、赤や緑などのハッキリした色に染めやすくなるので、若い女性を中心にとても人気があります。

学校は当然、ブリーチは禁止です。
しかし、夏休みなどの長期休みに入ると、夏休みの期間だけブリーチなどで髪の毛を明るくしようと考えるのが乙女心ですね。
ブリーチは脱色することですから、髪質なども特に影響がありません。よって、自然な明るい色になるのです。

新学期は白髪染めで色戻し

ブリーチなどで脱色して、長い夏休みを思い切り楽しんでも、時間は待ってくれません。すぐに夏休みが終わって9月になると新学期が始まってしまいます。
そうなると、ブリーチで脱色した髪の毛を元の黒髪に戻さなければいけないのです。

しかし、脱色した髪の毛というのは普通のヘアカラーではなかなか元の黒髪には染まりません。
脱色した髪が明るすぎるから、普通のヘアカラーではすごく明るい入りになるのです。
新学期が始まるまでにそれほど時間がない、普通のヘアカラーでは染まらないとなると焦ってくる人もいることでしょう。

そうなると、登場するのが白髪染めなのです。
もともと、白髪染めは白い髪の毛を黒く染めるためのものですから、通常のヘアカラーと比較しても染力が違うのです。

実際にブリーチで染めて、元の髪の毛に戻すというのは白髪染めがポピュラーというか、選択肢としては一択と考えていいでしょう。
正確には元の髪の色に近づける、ということになるのですが、それには白髪染めが一番ということになるのです。

若い人でも白髪染めはおすすめできない

高校生

ヘアカラーと白髪染めの違いについて
今まで気にしていなかったけど、なにが違うんだろう。
白髪染めをずっと使っていたり、ヘアカラーで十分だと言ったり、ヘアマニキュアを自分でやっているという人もいます。
人それぞれ髪の毛を染める方法はまちまちです。

白髪染めというのは、白髪を染めることです。読んで字の如しで理由ははっきりしています。、
そして、白髪染めを始めてしまうと、ずっと白髪染めをし続けなければいけないのです。
普通のヘアカラーよりも白髪染めのほうが染力が強いですから、髪にも少なからずダメージを与えてしまいます。
ですので、若い人には白髪染めは勧められません。

それは、若い内から髪の毛にダメージを与えることになるからです。
また、頭皮に対しても良い影響は与えません。
白髪染めをすると髪の毛が細くなるという説もあるくらいです。
実際に白髪染めをしている人は、薄毛に悩んでいる人も少なくありません。

このようなことから、白髪染めはある程度の年齢になるまでしないほうがいいでしょう。
若さに勝る薬はありませんから、若者の内から白髪添めに頼ることのないようにしたいものですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。