賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

白髪の原因 年齢?生活習慣?

白髪 原因

年齢を追うごとに少しずつ増えてくるのが、白髪です。

しかし、人によっては20代のうちから白髪が生えてくる場合もありますし、50代になってもあまり白髪がないという人もいます。

なぜ、白髪は出来るのでしょうか。

まず、髪の毛が黒く見えているのはメラニン色素のお蔭です。
日焼けをする時等に、よくメラニン色素という言葉を聞くかと思います。

髪の毛を黒くしているメラニン色素は褐色の色をしていて、日本人の髪の毛には褐色のメラニン色素がたくさん存在しています。

そのおかげで、日本人の髪の毛は黒く見えているのです。

日本人は髪の毛が黒いお蔭で、紫外線から頭皮を守ることができています。

しかし、年齢を追うごとにどんどん毛母細胞に存在している色素細胞の機能が低下してしまい、メラニン色素を作れなくなってしまうのです。

そのせいで、少しずつ髪の毛は白く染まっていくのでしょう。

色素細胞の機能低下の一番の原因は、老化だといわれています。

白髪 年齢
年齢を追うごとに体のさまざまな部位が老化し、衰えてしまうので仕方がないでしょう。

また、薄毛と白髪は平行しないといわれていますがそんなことはありません。

薄毛の人は髪の毛が薄いから白髪が目立たないだけで、薄毛の人でも髪の毛が白髪になることはあるでしょう。

若い人の白髪には、別の原因があるかも知れません。

たとえばミネラル不足等の栄養不足です。

ミネラル、アミノ酸、ビタミン等は、髪の毛の為に必要な栄養素です。

これらの栄養素が不足した状態であれば、髪の毛もどんどん機能が低下していくでしょう。

髪の毛に必要な栄養が不足している人は、体が老化する前に髪の毛の老化が進み、白髪が増えてしまうのです。

偏った食生活やダイエットを続けていると、20代のうちから白髪が出来る可能性が高いのではないでしょうか。

次に生活習慣です。

健康的な髪の毛を作るためには、十分な睡眠も大切だといわれています。

特に髪の毛が一番成長するのは、午後9時から午前2時だといわれています。

この時間帯に睡眠を摂ってなければ、細胞が活発に動くことができずに白髪が生えてしまうのではないでしょうか。

睡眠を摂ることは白髪だけではなく健康の為にも必要なことです。

体の駄目にも、しっかりと睡眠を摂るようにしましょう。

白髪は遺伝するといわれています。

そのため、遺伝のせいで白髪が出来る場合もあるでしょう。

薄毛は遺伝する可能性は低い、といわれていますが、白髪は遺伝による影響が強いといわれています。

そのため、両親もしくは祖父母が白髪の場合は、将来的に白髪が増える可能性は高いでしょう。

しかし白髪の遺伝は科学的に解明されていないので、まだ100パーセント遺伝するとは言い切れません。

ストレスが影響で白髪が生える人が増えているといわれています。

精神面と髪の毛は、とても近しい関係にあります。

ストレスがたまると薄毛になるともいわれていますが、白髪が生える事もあるでしょう。

ストレス状態が続くと、体内の自然治癒能力も低下するので白髪が出来易い状態になってしまうのではないでしょうか。

病気が原因で白髪になってしまう事もあるでしょう。

円形脱毛症で髪の毛が栄養不足になったり、胃腸疾患、貧血症、甲状腺疾患等の病気が発症すると、白髪が増えることがあるといわれています。

また、薬の副作用で白髪が起こる場合もあるでしょう。

急激に白髪が増えた場合は、病気の可能性を疑ってみてください。

白髪が生えたとしても、健康状態には代わりはありません。

そのため、白髪に関するメカニズムも研究も深く行われていないようです。

しかし、老化以外が原因の白髪は改善も可能です。

白髪が気になったら、まずは自分の健康状態を改善してみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。