賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

生え際の白髪染めは頭皮を痛めやすい

白髪染め リタッチ

白髪染めでもカラーリング剤でも、リタッチとして根本付近を中心に液剤をつけるでしょう。

伸びてきた部分を染めなければ、リタッチの意味がありません。

しかし、髪の毛の生え際に液剤を付けると、頭皮はどんどん傷んでしまいます。

なぜ傷むのかというと、白髪染めの成分のせいでしょう。

市販の白髪染めは、基本的に2剤を混ぜ合わせることで髪の毛を黒く染めることができます。

一剤には酸化染料やアルカリ剤が、二剤には酸化剤が配合されています。

この2つの液剤を混ぜ合わせることで、化学変化を起こし髪の毛を染めることができるのです。
1剤にはアルカリ剤が含まれており、このアルカリ剤のおかげでキューティクルが分解され、髪の毛に色を入れることができるのです。

普段はキューティクルに覆われている髪の毛を自力でこじ開けて色を入れるので、どうしても髪の毛が傷んでしまうでしょう。

また、アルカリ剤はもちろんその他の成分も、髪の毛には大きな負担がかかってしまいます。

髪の毛に色を入れるのはさまざまな化学反応から成り立っているので仕方がありません。

特に、髪の毛を明るくするよりも暗くする方が、より頭皮に負担がかかると言われています。

美容室で染める場合は、美容師が地肌に出来るだけ触れないように染めてくれるでしょう。

また、美容師はその人の髪質に合った液剤を調合してくれるので、必要以上に髪の毛を痛めることなく染めることができます。

しかし市販されている液剤はどんな髪質の人でも染められるように、強めの薬を使っているのです。

そのため、美容室で染めるよりも髪の毛も頭皮も痛めやすいのではないでしょうか。

頭皮の痛みは抜け毛、薄毛の原因となってしまいます。

それ以外にも、健康的な髪の毛を作れなくなってしまったり、髪の毛に栄養がいかず、髪の毛の艶が失われてしまう可能性があるでしょう。

健康的で美しい髪の毛を保つ為にも、白髪染めによる頭皮のダメージを出来るだけ軽減しなければいけません。

 

生え際はトリートメントタイプで染める

生え際を出来るだけ痛めずに白髪染めをしたい方は、白髪染めトリートメントを使って見てはいかがでしょうか。

白髪染めトリートメントは、髪の毛に出来るだけ負担を掛けずに染めることができる白髪染め商品です。

トリートメントの様に染めることができますし、トリートメントの様に髪の毛の補修効果も得ることができるでしょう。

もちろん、頭皮にも負担をかけることはありません。

トリートメントタイプなので液剤が垂れることなく、しっかりと頭皮に液剤を付けることができるでしょう。

頭皮に揉みこむことで、気軽に、簡単に、生え際の白髪を染めることができます。

白髪染めトリートメントはもともと、生え際の白髪を中心に染めるように作られました。
白髪染めは、定期的に使わなければどんどん根本が白くなってしまいますよね。

しかし白髪染めトリートメントを使うことで、綺麗に染まった状態をキープすることができるのです。

髪の毛に負担が掛かる成分もほとんど含まれていませんし、毎日使えば綺麗な髪色をキープすることができるでしょう。

トリートメント効果があるので、ハリやコシのある髪の毛をキープすることが可能です。
そのため、特に女性のユーザーに多くの支持を得ているアイテムなのです。

白髪染めトリートメントは、通常の白髪染めに比べると髪の毛を染める効果は薄いでしょう。

毎日使い続けることで、少しずつ色を入れることができる商品なのです。

しかしその分頭皮への負担は少なく、頭皮に付けても安心して使い続けることができます。

そのため、白髪は気になるけれども薄毛や細毛も気になる…という人でも安心してお使い頂けるのではないでしょうか。

薄毛や髪の毛のボリュームで悩んでいる人が通常の白髪染めを使うと、更に薄毛や髪の毛のボリュームダウンが進行してしまう可能性があります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。