賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

白髪染めで髪はどんなダメージを受ける?

白髪染め ダメージ

白髪染めは髪の毛に負担がかかります。

白髪染めを頻繁に行っていると髪の毛はどんどんパサパサになってしまいますし、ハリツヤのない細い髪質になってしまうでしょう。

白髪染めをすると、髪の毛はどんなダメージを受けているのでしょうか。

 

一般的には美容室より自宅が危険な理由

一般的に、美容院で染めるよりも自宅で染める方が髪の毛に負担がかかるといわれています。

なぜなら白髪染めにはそれぞれ薬の強さが違うからです。

人は髪質によって、染まりやすい髪質もあれば染まり難い髪質もあるでしょう。

白髪の髪の毛でも、太く色濃い髪質であればなかなか染めることはできないでしょう。

逆に、細く弱い髪質であれば弱い液剤でも十分染めることができます。

美容室では、その人の髪質に合わせて強さを変えた液剤で白髪染めを行うので、必要以上に髪を痛めることはないのです。

しかし、自宅で染める場合は違います。

市販されている白髪染めは、どんな髪質でも一定以上染まるように作られています。

そのため、美容室で使われている白髪染めよりも強い液剤となっているのです。

必要以上に強い白髪染めで染めていると、どんどん髪の毛に負担が掛かってしまうでしょう。

 

アルカリ性は頭皮にダメージ

また、白髪染めのカラー剤はアルカリ性で出来ています。

アルカリ性のカラー剤は髪の毛や皮膚に触れると刺激となり、頭皮トラブルに繋がってしまうでしょう。

美容室では白髪染めを行うときは、シャンプー時にアルカリ除去剤で薬剤を落としています。

しかし、自宅で染める場合は普通にシャンプーで洗い流すだけなので、アルカリ性が皮膚に残ったままでどんどん負担が増えてしまうでしょう。

また、美容院と違い顔にも白髪染めを流した水が掛かってしまうので、肌にも負担がかかってしまいます。

アルカリ性で傷んだ髪の毛は、乾燥し、細くパサパサとなりキューティクルもはがれやすい状態となってしまうのではないでしょうか。

白髪染めを使うときは出来るだけ髪の毛を痛めず、髪の毛に負担が掛からないように行うことが大切です。

最近は、極力髪の毛を痛めることなく染め上げられる白髪染めも多く販売しています。

髪の毛への負担や頭皮への優しさを考えるのであれば、安さや染まり易さだけではなく、髪の毛に優しく負担をかけない白髪染めを選ぶようにしましょう。

白髪染めは、頻繁に行わなければ目立ってしまいます。

頻繁に使う白髪染めだからこそ、成分にこだわってダメージを与えにくいものを選ぶことが必要なのではないでしょうか。

 

カラーリングで傷んだ髪のケア方法~基本編

カラーリングで傷んだ髪は、ケアをすることでダメージを緩和することができます。

傷んだ髪を放置していては、髪の毛がどんどんパサパサになり、ツヤやハリもなくなってしまうでしょう。

酷い場合は、色が入り難い状態になってしまうかも知れません。

どうすれば、カラーリングで傷んだ髪の毛を補修することができるのでしょうか。

まずはシャンプー等の洗髪剤でダメージケアをしましょう。

傷んだ髪の毛には、洗浄力よりも補修力の強いシャンプーを使うことをおすすめします。

たとえば石鹸シャンプーやアミノ酸系のシャンプーは、洗浄力は弱いですが髪の毛に負担を掛けず、栄養を補いながら洗うことができます。

傷んでいるときの救世主として使って見てはいかがでしょうか。

頭皮マッサージもおすすめです。

髪の毛が傷んでいると、血行も悪くなってしまいます。
そうなると、十分な栄養を髪の毛に送れない状態になってしまうでしょう。

頭皮マッサージを行う事で、髪の毛に栄養が行き渡りやすい状態となります。

シャンプー等の時に軽くマッサージをするだけでも十分効果があるので、気が付いた時でも良いので頭皮マッサージを行ってみてください。
朝シャンプーや過度のブラッシングは、傷んでいるときに行わないようにしましょう。

髪の毛には適度な油分が必要です。
全く油分が付いていない状態では、紫外線の影響をじかに浴びて、傷みやすい状態になってしまうのです。

朝にシャンプーをすると、真っ新な状態で紫外線に浴びるので、髪の毛が傷む原因となってしまうでしょう。

髪の毛の為にも、朝にシャンプーは行わないようにして下さい。

ブラッシングも同じです。
適度であれば問題ありませんが、過度にブラッシングをすると摩擦で更に髪の毛が傷んでしまいます。

特に、髪の毛が濡れている状態でブラッシングしすぎることはおすすめ出来ません。

ブラッシングは適度に行うようにしましょう。
ドライヤーは、短時間で素早く乾かす様にして下さい。

ドライヤーの熱は髪の毛に負担がかかりますが、乾かさずに眠るのも良くありません。

髪の毛の事を考えるのであれば、タオルドライで髪の毛をある程度乾かした後、短時間でさっとドライヤーで乾かすのが理想的です。

ドライヤーが近すぎると髪の毛が熱くなってしまうので、10センチ以上離して使うようにして下さい。

また、ドライヤーで概ね乾いたら、最後は冷風で残りを乾かす様にしましょう。

冷風を使うことで、熱によるダメージを緩和することができます。
カラーリングをした後は、出来るだけ早くケアをすることをおすすめします。

特にカラーリングをした日は丁寧にトリートメントを塗り込みましょう。

トリートメントは、よく揉みこむ事で浸透させることが可能です。

より浸透させる為には、トリートメントを塗ったままシャワーキャップ等を付けてしばらくつけ置いてみてください。

どんどん髪の毛に浸透していくでしょう。

髪の毛を痛めない為には、やはり髪の毛に負担がかからないカラーリング剤を選ぶことは大切です。

薬剤を良く見て、必要以上に負担が掛かる成分が入っているものは避けましょう。

最近は、髪の毛を極力痛めず染めることができる商品も販売しています。

また、カラーリング剤にトリートメントが付属している商品もあるでしょう。

丁寧にケアをする事で、補修をすることは可能です。

そして、一番大切なのはあまり頻繁にカラーリングを行わないことです。

どうしても、根本が伸びてきて頻繁にカラーリングをしたくなってしまうでしょう。

気になるかもしれませんが、伸びた部分のみのリタッチを行う程度にとどめて、頻繁に染めすぎないようにして下さい。

染める回数に比例して、髪の毛はどんどん傷んでいきます。

 

永久染毛剤で傷んでしまったら、白髪染めトリートメントに変更

白髪染めやカラーリング剤には、いくつか種類があることをご存じでしょうか。
種類によって染まり易さや色持ちなどが変わってきます。

まず、一時染毛料はカラースプレーやヘアマスカラが該当します。
これは、キューティクルの表面に着色するのみの商品です。

着色も染毛も、一時的なものとなっています。

急な白髪を見つけたときや一日だけ染めたいとき用の商品としては良いでしょう。

次に、永久染毛剤です。

これは毛髪内部まで染めることができる医薬部外品です。

簡単に染めることができるヘアカラーは化粧品に分類されますが、一剤式ヘアカラーや二剤式ヘアカラーは永久染毛剤であり、医薬部外品となります。

永久染毛剤のメリットは一回で染めることができるという点でしょう。

染毛効果も長持ちしますし、しっかりと染めることができます。

今話題の泡タイプの白髪染め、ヘアボーテも永久染毛剤に分類されます。

永久染毛剤は確かにしっかりと染めることができますがデメリットもあります。

それは、髪の毛への負担が強いということです。

髪の毛の内部まで染めることができるということは、それだけ強い薬剤を使っているということでしょう。

そのため、永久染毛剤でばかり染めているとどんどん髪の毛は傷んでしまうのです。

そして永久染毛剤は髪の毛だけではなく頭皮へも負担が掛かってしまうでしょう。
永久染毛剤で傷んだ髪の毛におすすめしたいのが、半永久染毛剤です。

半永久染毛剤は化粧品に分類するヘアカラーであり、ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアが該当します。

半永久染毛剤は、キューティクルと内部の一部にのみ着色をすることができるタイプのヘアカラーです。

染まり方は徐々にという感じですが、極力髪の毛を痛めることなく、少しずつ染めることができるでしょう。

染毛効果は3週間から4週間程ではありますが、傷みにくいので毎日使うことができ、頻繁に使うことで髪の毛の色をキープすることができます。

特におすすめの半永久染毛剤が、資生堂のプリオールです。

資生堂プリオールは、髪の毛に負担をかけることなく、優しく白髪染めを行うことができると評判の商品です。

ヘアボーテ等の永久染毛剤は、数か月置きに使い、普段は黒茶のチカラで染めれば、髪の毛を必要以上に痛めることなく綺麗な色をキープできるのではないでしょうか。

資生堂プリオールはヘアカラーではありますがトリートメント効果も持ち合わせているので、ヘアケアをしながら染髪が可能です。

詳しくはこちらをどうぞ=おすすめ白髪染めトリートメント 資生堂プリオール

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。