賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

市販の白髪染めの相場はいくら?

値段

白髪染めは自分で行うと言う人が多いようですが、その理由は頻繁に美容室に通うにはお金がかかるが市販の白髪染めを使用すれば半額以下でできるからではないでしょうか?

確かに、スーパーやドラッグストアにはたくさんの白髪染めが並んでいて、少し前までは数種類しかなかった色の種類も、今では普通のヘアカラーに負けないくらい様々な色がそろっているのです。

以前は白髪染めと言ったらブラック、ダークブラウン、ブラウンの三色が主流で、白髪染めの特性から髪を明るくするのは難しいと言われていたのです!

お洒落な色に染めることはできなかったんですよね・・ですから、白髪染めを使うと不自然なくらいに髪が真っ黒になってしまい伸びてきた白髪は特に目立つのが悩みでした。

白髪染め 市販
便利で使いやすい市販の白髪染めですが、相場はどれくらいでしょうか?買い物ついでに購入できるようなチープなものは、ほとんどが1000円以下で購入でき800円前後がほとんどではないでしょうか・・

これは普通のヘアカラーのように一度色を抜いてそこにカラーを入れるタイプの白髪染めで、しっかり染まるものの髪が傷みやすいのがデメリットかもしれません・・

最近はクリームだけではなく泡タイプがあり手軽さと安さが人気の秘密ではないでしょうか?不器用で自分で染めるのは無理と思っている人でも、コツ要らずで全体をしっかり染めることができるように工夫されているので、ムラになったり染め残しがないのでとても便利です。
最近はこの他に髪を健康に導きながら白髪を染めることができるトリートメントタイプも人気で、これは安い物は1000円ほどですが実際に使用している人の話では、何となく染まる程度で白髪が目立たないほどの効果はないそうです!

しかし、もう少し高めの物はしっかり白髪が染まり髪もつやつやになるそうです!

白髪染めに2000円以上出すのはちょっと・・と抵抗がある人もいるかもしれませんが、白髪を染めるだけではなくトリートメントが不要になるので逆にお得ではないでしょうか?

白髪はすぐに伸びてしまい頻繁に染める必要があるため、出来るだけ安くそして髪の健康も損ねない物を選びたいですよね?

そのような点からも、トリートメントタイプの白髪染めは髪だけではなく頭皮環境にも影響がなく安心して使用することができるのではないでしょうか?

何よりも忙しい毎日でも髪を洗うついでに白髪染めができ、染める前の準備や床や壁を汚す心配もないのが嬉しいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。