賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

リンスはシャンプーの前が正しいって本当?

ヘアケア

先日、テレビ番組の企画で髪をきれいにする方法を紹介していました。

様々な方法がありましたが、なかでも驚いたのが某有名ヘアメイクさんが紹介した「リンスはシャンプーの前にする」という方法。

昔からシャンプー後にリンスをするのが当たりまえで、それを疑ったことなど一度もありませんでしたが、この方法を実践すると髪の傷みが軽減しサラサラヘアになると言うのです。

そもそもリンスはシャンプーで汚れを落とした後に、髪の表面をコーティングし艶や指通りを良くするもので、そのままではゴワゴワしてしまうのを防ぐ効果があります。

シャンプーやリンス説明にも、シャンプーの後に使うように明記されているので、長い間私たちが行ってきた方法が間違いというわけではありません。

シャンプー、リンスでより髪をサラサラにするための裏技的な方法と考えて良いと思います。

髪の毛は毎日の生活で摩擦などの影響を受け、かなりダメージを受けてしまい気がづいたらパサパサになってしまいます。

艶やハリのない髪は、それだけで老けて見え汚らしいイメージがあるので、毎日できる簡単な方法でケアができれば良いですよね?

この方法は、特別なものケア用品を使うわけではなく、逆転の発想で得た面白いヘアケア方法です。

いつもの洗髪時に、シャンプーではなくまずはリンスをして軽く洗い流し、その後いつものようにシャンプーをするだけです。

これだけなので、今日からでも始められますね。

実際に試してみました

何でも試したくなる私は、すぐにシャンプーの前にリンスをするヘアケア方法を試してみました。

やはり最初は抵抗がありますね・・・

いつも通り髪の汚れをある程度落とすために、お湯でしっかり流した後リンスを全体に塗って洗い流します。

それからいつも通りシャンプーをするのですが、確かに一度リンスで洗い流しているからなのか、リンスのコーティングで表面が覆われているため摩擦が少ないからなのか、泡立ちがとっても良かったです。

しっかり洗い流して完了!

私個人の感想ですが・・・髪がパサつくんです。

だって、シャンプーの後にリンスをすることで髪の表面がコーティングされて艶々サラサラになるんですよね。

でも、最初にリンスをしてしまうとシャンプーでその成分は洗い流されてしまい、当然パサつくと思いませんか?

リンスしていないのと同じなんです。

なぜこの方法で髪が艶々サラサラになるのか不思議ですが、1週間もすれば効果が得られるとのこと・・・

でも、そこまでこのパサつきが我慢できなかった私は、リンス→シャンプー→少量リンスで落ち着きました。

なんだか手間が増えてしまい、簡単なケア方法ではなくなってしまいましたが、これでいつもより艶が出たように思います。

他の方法も同じですが、他の人が大絶賛してすすめてくれる方法でも、自分には全く効果が感じられない、逆に悪くなったなんてこともたくさんあります。

これは、その方法が悪いのではなく、体質や肌質、髪質など人それぞれで、必ずしも同じ効果が得られるものではないと言うことではないでしょうか?

髪はすぐに乾かすべき?

ドライヤー

みなさんは、髪を洗った後すぐにドライヤーで乾かしていますか?

ドライヤーの熱は髪の傷みにつながると言われているため、できるだけ自然乾燥しその後少しだけ使うようにしていますが、これが髪の傷みの原因らしいのです。

濡れた髪はかなり傷みやすく、ちょっとしたダメージでパサつきや切れ毛などの原因になってしまいます。

頭皮が濡れた状態だと、雑菌が繁殖することもあり、フケやかゆみ、抜け毛の原因になることも考えられるそうです。

ですから、髪を洗ったらなるべく早く乾かすことで、ダメージを減らすことができるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。