賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

白髪染めトリートメントは染まらない?その原因とは

白髪染め

白髪染めはなるべく使いたくないと思っている人がほとんどだと思います。

ヘアカラーとは違い、好きな色も少なくおしゃれができないことと、頻繁に染めないとすぐに白髪が目立ってしまうからです。

しっかり染めたつもりでも一週間もすると白髪だけキラキラしたり、白髪の色だけ抜けて元通り。

うんざりしてしまいますよね!

私も白髪染めを使い始めてからは髪が傷み、それでも頻繁に染めないとすぐに目立ってしまう・・・

何か良いものはないかと思っていました。

色々調べてみると、やはり髪と頭皮の健康には白髪染めトリートメントが良いとのこと。

分かってはいるけれど、スーパーで購入したものを使ったとき、全く染まらず後悔してことがあるので気が進みません。

しかし、白髪染めトリートメントには染まるものと、全く染まらないものがあることを知り、ネットで人気のものを使ってみることにしたのです。

半信半疑でしたが、数回の使用でしっかり染めることができたのです!

染まらない原因は、染まらないものを使っていただけのことで、安いものはほんのりしか色が入らず無意味なんですね。

ネットで人気の白髪染めトリートメントは、スーパーに売っているものに比べて値段が高いですが、それだけの価値があります。

美容室で染めることを考えたらずっと安いですし、入浴時に簡単に使えて、しっかり染まるトリートメントは最高ではないでしょうか?

 

色の選び方

白髪染めを使いたくない理由の一つに、明るい色に染められないことが挙げられます。

今まで明るい色にしていた髪を暗くすることで、いかにも白髪染めを使っているようなイメージがあり、重たくなってしまいます。

しかし、明るい色は白髪に入りにくく、染めても目立ってしまうそうです。

ですから、できるだけ暗い色で染めるのが鉄則。

美容室で染める場合も同じで、「できるだけ明るい色で」とお願いしても、「明るい色は白髪が浮くので、暗めの方が良いですよ」と言われてしまいます。

年齢と共に髪の質も悪くなり、艶やハリがなくなるので、明るい色よりも少し暗めにしてごまかす方が良いそうです。

白髪染めトリートメントは、それ自体で色を抜く効果はありません。

ですから黒髪に明るい色を使ってもまったく変化はなく、白髪にだけ色が入るイメージです。

しっかり白髪を染めたい人はなるべく暗い色。

ごまかす程度で明るめがいい人は明るい色がおすすめです。

白髪の量がかなり多い人は、明る色を選ぶことで全体を茶色にでき、真っ黒に染めるよりも自然でおしゃれになります。

 

シャンプー選びも大切

シャンプー

あまり知られていませんが、白髪染めトリートメントの色を入りやすく、そして長持ちさせるためにはシャンプー選も大切です。

ほとんどの人がシリコンが入ったシャンプーを選んでいると思いますが、これでは髪にシリコンが張り付いているので色がつきにくいのです。

普通の白髪染めやヘアカラーは、髪の色を抜いてそこに色を入れるため、シリコンが入ったシャンプーでも問題ない場合がほとんどですが、白髪染めトリートメントの場合は違います。

しっかし、髪に色をつけるためにはシリコンが入っていない、ノンシリコンシャンプーを使うことをおすすめします。

私も、ノンシリコンシャンプーに代えてから色がはっきり、しっかりついていると感じるようになり、そのきれいな色が長持ちするようになりました。

もし、白髪染めトリートメントの色がつかない、すぐに落ちてしまうと感じているならば、今使っているシャンプーを見直してみてください。

 

白髪染めトリートメントは染まらないと思っている人が多いようですが、染まるものを選ぶこととシャンプーを変えることで、格段に染まり方が変わってきますので、お試しください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。