賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

白髪に気づいたら、まずは何をするべき?

野菜

誰でも年齢と共に白髪が生えてくるのは仕方がないと思っているはずです。

年配の方でも黒い人はいますが、きっと染めているでしょうし本当は真っ白な人が多いのです。

本当は、それに逆らわず白髪を受け入れることができれば良いのでしょうが、30代40代で白髪が生えてくると、どうしても老けて見えるため染めることを選ぶ人が多いのです。

60代70代になれば真っ白な髪でも上品に見えるものですが、若いうちは抵抗があります。

私が初めて白髪を見つけたのは35歳になった頃でした。

たった1本の白髪でしたが本当にショックで、そのまま抜いてしまいました。

その日から、白髪のことが頭から離れず、いつかすべての髪が白くなるのだろうと覚悟したのです。

なぜなら、私の両親は若いころから白髪は多く、まさに若白髪と言える体質だったそうです。

ですから、兄も30歳になる頃にはかなり白髪が目立ち、染めていると言っていました。

私は35歳まで白髪がなかったのですから、本当はありがたいことだったのですが、その時は「この時が来てしまった・・・」と頭が真っ白になりました。

私だけではなく、誰でも初めて白髪を見つけた時は、少なかれショックを受けるはずです。

しかし、白髪がまだ少ししかないうちに何らかの予防策ができれば、これ以上増やさない、または増えるのを遅らせることができるのではないでしょうか?

白髪は抜いても良い?

初めて白髪を見つけた時、思わずなかったことにしようと抜いてしまった私ですが、本当はこれで良かったのでしょうか?

友人の中には、白髪はすべて抜いてもらうと言う人がいますが、それでも数か月後には同じように白髪が生えてくるそうです。

一度白髪になってしまった毛根からは抜いても白髪しか生えてこないと言うことですが、量が少ないうちは染めるよりも抜く方が楽かもしれません。

しかし、この抜くという行為はくせになってしまいますし、何よりも頭皮が傷んでしまい白髪が増えたり薄毛になる原因なのです。

白髪を抜いたことで薄毛になってしまうくらいなら、自分に合った白髪染めを使った方がいいですね。

白髪染めを選ぶ際は髪と頭皮に悪影響を与えにくいものを選び、自分が長く使い続けることができるタイプがおすすめです。

きれいに染まる白髪染めでも、使い方が難しかったり頭皮や髪を傷めてしまうのであれば危険です。

おすすめは白髪染めトリートメントです。

トリートメントタイプは染まらないと言う人が多いのですが、最近は改良されてどんどん良いものが出ています。

髪の健康を守りながら白髪を目立たなくすることができるのですから、是非使ってみてはいかがでしょうか?

これ以上増やさないための予防法

白髪

それでは、これ以上白髪を増やさないために何ができるのでしょうか?

一番大切なことは、頭皮環境を健康な状態にすることです。

白髪や薄毛の原因は遺伝的な要素も多いのですが、頭皮環境が悪いことも原因です。

ですから、血行を改善し十分な影響が毛根にいきわたるようにすれば、一気に白髪が増えることはないはずです。

逆に、頭皮環境の悪化を見逃してしまうと、一気に白髪頭になってしまうのです。

十分な睡眠とバランスの良い食生活。

当たり前のことですが、これが一番大切なことなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。