賛否両論の白髪染めトリートメント、ですが使い方一つで凄く染まるのです!

本当にストレスが白髪の原因になるの?

白髪

ストレスがたまると、白髪が増えると言われますよね?

ものすごく苦労した人やショックを受けた人が一晩で髪が真っ白になったなんて話も聞いたことがあります。

さすがに一晩で真っ白になることはあり得ないそうですが、ストレスが原因で白髪になるのは本当でしょうか?

老化や食生活によって白髪になるのは、なんとなく分かる気がしますが、ストレスでなぜ白髪になるのか・・・

一説には、ストレスで精神的に不安定になると身なりをかまう余裕がなくなるため、今まできちんと白髪を染めていた人が全く染めなくなるからだという話もあります。

確かに、これ納得ですよね!

ものすごくショックなことやかなりストレスを感じるような仕事、人間関係で悩んでいると、自分のことなどどうでもよくなり服装もヘアスタイルもかまわなくなってしまいます。

本当は、マメに白髪を染めてごまかしていたのに、数か月放置したらあっという間に真っ白になってしまいますよね。

医学的にはストレスと白髪には因果関係があるとされています。

ストレス

しかし、私たちが思っているよりは影響が少なく、ストレスによって髪が真っ白になってしまうことはあまりないようです。

ストレスを感じると自律神経が乱れはじめ、それが体の血流を悪くします。

頭皮に十分な血液が届かないとメラノサイトの働きが悪くなり白髪になります。

また、ストレスがメラノサイトの働き事態を抑制することも分かっており、少しずつ白髪が増えることはあり得るのです。

とは言ってもすぐに白髪が生えてくるはずはなく、今生えている白髪は数か月数年前にできたものなのです。

ストレスは誰でも避けて生きていけないものですが、上手に付き合っていくことで白髪を予防することができるはずです。

 

ストレスがなくなれば白髪も黒くなる

老化が原因で白髪になってしまうと、二度と黒くはならないことが多いようです。

なかには、黒髪に復活したという方法やケア用品もありますが、医学的には白髪は白髪のママらしいのです。

この先、研究が進むことで原因物質を抑える薬や成分が開発されると良いですね・・・

そうなれば白髪で悩むことも、頻繁に染める手間も必要なくなります。

ストレスが原因の場合は、その元がなくなり解決することで白髪になってしまった髪は黒髪に戻るのでしょうか?

残念ながら、基本的には一度白髪になってしまった髪は、そのままなのです。

メラノサイトの働きがなくなってしまった髪は、ストレスがなくなったからと言って復活するものではないので、予防するしか方法はありません。

その予防法も完璧なものはなく、まだまだ分からないことも多いようです。

しかし、まれに先の方は白いのに根元が黒い毛があります。

これは未だメラノサイトの働きが残っていた毛根で、何かの原因で一時的に白髪になってしまったのです。

ストレスがなくなり、全ての白髪の根元が黒くなると嬉しいですが、実際は白のままです。

なるべくストレスをためずに、全身の巡りを良くすることを心掛けることが大切ですね。

 

改善する白髪

稀ですが、白髪の中には一時的なものがあります。

病気が原因の白髪で、治療よって改善するとやがて白髪が元の黒髪に戻るのです。

しかし、すべての人が改善するわけではなく、そのまま戻らない人も多いようです。

「ハゲと白髪はどちらが良い?」などという話をしたことはないでしょうか?

ほとんどの人が白髪と答えますよね?

なぜなら、白髪は改善しなくても隠すことができるからです。

しかも、薄毛治療のようにお金がかかるものではなく、自分に合った白髪染めを使うだけなのです。

誰でも遅かれ早かれ白髪になる時が来ます。

ですから、頭皮環境を悪化させない白髪染め、ストレスを感じずに使える白髪染めを見つけることが大切なのです。

髪を傷めずしっかり染まる白髪染めトリートメントはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。